忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント


新しいメインブログをWordPressで作りましたという記事を以前書きました。その時、これまた好奇心で、今までは解放したことがなかったコメント欄を開放してみました。・・・、これまた失敗でしたよ・・・。スパムコメントの嵐・・・。アメーバブログでコメントを開放するとスパムコメントの嵐だったことを思い出しました・・・(呆)。最近ではアメーバブログのコメントはアメンバーだけとか、コメントは受け付けていませんとブログのトップページに記載されていることが多くなりました。よっぽどコメント欄にスパムコメントが入っていたのでしょう・・・。うちもアメーバブログのコメント欄を開放していた時、「お金をもらってください。」「体の関係を持ちたいので連絡ください。○○○(怪しげなURL)」というスパムコメントの嵐。びっくりでした。最初は、コメント?どんなコメントだろうこんなにたくさん♪とワクワクしていましたが(笑)。あまりの多さに度肝を抜かれましたよ・・・。

被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム

退行ヒプノ(催眠)とは何か?ヒプノHP
退行催眠

逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
テキストリンクを増やす
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
PR

ステマ


ステルスマーケティングかなり話題になっていますね。芸能人が何か紹介すると、今はなんでもかんでもステマステマと言われるから、芸能人はつらいでしょうね^^;。ステルスマーケティングなんて今に始まったことじゃないし、そんなに騒ぐほどの事でもないのでは?。ペニーオークションは入札しても落札できないのであれは詐欺にあたり、犯罪ですが、テレビショッピングやサプリメントのCMの芸能人はどうなのでしょうか。本当にサプリメントを飲んでいたり、長年愛用しているのでしょうか。最近英語を耳から聞くという会社のCMに芸能人が出なくなりました。思えばステマ騒ぎの後からの気がします^^;。それまではたまに芸能人数人が、私も聴いていますとかCMで言っていましたから。今はラジオのアナウンサーがCMをしています。このように、巷にはステルスマーケティングははびこっています。アフィリエイトも一種のステルスマーケティングなのではないでしょうか・・・?。

池袋のヒプノカウンセラーのカウンセリングサービスサイト
池袋 カウンセリング

短期間で検索順位を上げる
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム

デリケート


SEOとは大変デリケートなものだということを知っておく必要があります。SEOを施したからと言って必ず、絶対にランキングが上がるわけではないということも頭に入れてSEOを施さなくてはなりません。SEOはランキングを上げるために施策をすることです。ですが、SEOを施すことによって、逆にランキングを下げてしまうこともあるのです。このことから、SEOは大変デリケートなものだと言われているのです。その時のアルゴリズムに合ったSEOを施していればランキングが上がりますし、合っていなければランキングは下がっていくか、それだけでは済まず、圏外に行くか、下手したらペナルティを受けてしまいます。一番いいのはアルゴリズムに左右されないSEOを施すことです。しかしそのようなSEOは存在しません。そんな都合のいいSEOがあったらみんなとっくに施していますし、SEO貸家は必要なくなります。検索エンジン側を色々と対策しているのです。

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後