忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デリケート


SEOとは大変デリケートなものだということを知っておく必要があります。SEOを施したからと言って必ず、絶対にランキングが上がるわけではないということも頭に入れてSEOを施さなくてはなりません。SEOはランキングを上げるために施策をすることです。ですが、SEOを施すことによって、逆にランキングを下げてしまうこともあるのです。このことから、SEOは大変デリケートなものだと言われているのです。その時のアルゴリズムに合ったSEOを施していればランキングが上がりますし、合っていなければランキングは下がっていくか、それだけでは済まず、圏外に行くか、下手したらペナルティを受けてしまいます。一番いいのはアルゴリズムに左右されないSEOを施すことです。しかしそのようなSEOは存在しません。そんな都合のいいSEOがあったらみんなとっくに施していますし、SEO貸家は必要なくなります。検索エンジン側を色々と対策しているのです。

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
PR